講師派遣・新入社員研修・中堅社員研修・禅寺研修のCMAクリエイトマネジメント協会へようこそ。.

セミナー事業
コンサルティング事業・研修

トップページ > ISO関連認証取得コンサルティング

ISO関連認証取得コンサルティング

ISO活動をこれから導入したい中小企業の皆様へ
ISO活動をすでに導入している中小企業の皆様へ


経営者が期待できるISO活動を推進しよう!
社員一人一人の目標がはっきりした仕事をしよう!

ISOを導入して経営システムを進めると

  1. 経営者の思いが達成できます!
  2. 仕事のやり方が変わります!
  3. 人財の育成が着実にできます!

(1) 経営者の思いは、具体的な経営目標を掲げ、その達成状況を定期的に確認できます。

(2) 管理職、リーダー、社員の仕事の役割と目標がはっきりとして、迅速に報告・連絡・相談ができます。

(3) 社員自らが自分の力量を理解し、優れた能力を伸ばし 不足の能力を向上させる実践的な教育・訓練を進めます。

素晴らしいISO活動を進めている中小企業様の事例をご紹介

事例1)戸建て住宅を中心に不動産事業を進めている企業

社長様自らISOの内容を理解し、明確な品質目標と環境目標を掲げて、社員を徹底指導した。
  • 品質目標:
    戸建て住宅の開発手順をISOの設計・開発手順に沿って標準化する。
    それまで自ら独断で進めていた開発手順を中止し、開発手順を見える化することを狙った。
  • 環境目標:
    残土0、リサイクル材料の活用により 前年度比30%以上のコストダウンを達成する。
10年後の成果
開発手順は、社内に定着し、迅速に開発が進められ、単純なミスがなくなった。またコストダウンは、3年間でほぼ目標を達成した。

事例2)化粧品・健康食品を製造・販売している企業

社長様が掲げた長期方針に基づいて、各部署が素晴らしい単年度品質目標を作成していたが、実施結果には、未達成な内容が多く、そのまま放置されているのが、社長様の不満となっていた。
  • ISO9001の活動は、そのベースにP-D-C-Aの考え方がある。すなわち計画(P)し、実施(D)したことは、必ずチェック(C)し、見直し(A)をすることを必須としている。
  • この考え方を繰り返し、社員の方に徹底指導した結果、計画作成の段階で、1年間で出来る課題、挑戦する課題を明確にした。実施結果は、マネジメントレビュー(経営者の見直し)で、報告・連絡・相談を徹底した。
5年後の成果
社長様と担当部署の責任者との意思相通が蜜になり、業務活動の成果が見える化し、社長様の不満は解消された。

ISOのコンサル活動について

  1. 「ISO9001」、「ISO14001」、「ISO22000」、「FSSC22000」の認証取得を支援します。
  2. どこよりも安く、どこよりもわかりやすく支援します。
  3. 必要なマニュアル、手順書のモデルは、すべて提供し 面倒な文書の作成業務は、てきるだけ省略します。
  4. 必須の「内部監査員教育」を2日間実施し、修了証書を発行します。
ご依頼を受けたら、
御社に伺い無料診断(半日を)を実施し、現状を把握してから、認証取得活動の計画をご相談しながら提案します。
約10か月から12か月で審査を受ける準備が完成します。
もちろん審査が合格するまでお世話させていただきます。


ISO規定改定に伴う移行コンサルティングについて

今、各MSの規格改定が行われています。多くの認証取得団体で改定作業をどのようにすすめていくかのお手伝いを進めています。
当協会もISO主任審査員、中小企業診断士等、30数名のISO認証取得コンサルタントを擁して20年余に亘りコンサル指導を致しております。
まずは無料で移行の状況の有無について診断させていただきます。
お問合せください。


ISO規格改訂のねらいと対応

  1. 審査員の立場から見た現在のISO活動の課題
  2. 新たに改訂された規格の重要なポイントとねらい
    (1)付属書SLの導入
    (2)経営戦略的なマネジメントシステムの導入
    (3)事業プロセスへの統合
  3. 新たに改訂された規格への対応手順と事例紹介
    (1)組織の状況、リスクと機会を把握する
    (2)経営方針と戦略課題を掲げ、部門目標に展開した事例
常任コンサルタント
ISO関連主任審査員
岩澤 實


ISO9001:2015移行コンサルティング計画書

回数 日時 時間 コンサルティング内容 宿題
0 2016/04 組織の現状確認及び移行日程の決定
1 2016/05 規格の差分説明
2 2016/05 組織の状況/適用範囲/方針の決定
3 2016/06 リスク及び機会への取組み
4 2016/06 業務プロセスと現行MSとの乖離分析
5 2016/07 マニュアル・手順書類の見直し
6 2016/07 目標とその達成計画策定
7 2016/08 教育の実施
8 2016/09 2015年版運用開始
9 2016/10 パフォーマンスの監視・測定
及び分析・評価
10 2016/11 2015年版対応 内部監査
11 2016/12 2015年版対応 マネジメントレビュー
12 2017/01 移行審査の受審


ISO9001構築・運用支援について

中小企業診断士 ISMS・ISO14001・9001審査員補 浅野宗克
企業が生き残り、さらに成長していくためには、ISO9001を、日々の活動の中に、上手く採り入れ、組織を強化していくことが大切です。 中小企業診断士として、ISOを通じて、どのように中小企業を支援していくべきか。 役に立つISOであるように、誤りのない進め方、ISO9001構築・運用の支援について、日頃の指導体験から重要なポイントを10にまとめています。 各項目の要旨について必要な経営者には3頁にまとめていますので、ご請求ください。

1)経営者の悩みの理解を
2)経営者の要求事項の明確化を
3)方針に経営者の思いを示す
4)目標は重要な問題に取り組む
5)日常の経営にISOを融合させる
6)問題解決の力をつける是正処置
7)マネジメントレビューは重要な問題の意見交換
8)意欲が出る内部監査は経営者の責任
9)考える集団で組織の自律を促そう
10)指導プロセスのPDCA化


お問い合わせ先 フリーダイヤル 0120−155−880

HOME